イングリッシュ・スプレッドカラー English Spread Collar

目次

はじめに

今回は、シャツの代表的な襟型であるイングリッシュ・スプレッドカラーを取りあげたいと思います。
イングリッシュ・スプレッドカラーは、日本でいうワイドカラーを指す場合や、セミワイドカラーを指す場合がありますが、ここでは、「襟先が下を向いているのではなく、外側に向いているもの。シャツを平置きしたとき、真上から見ると、襟の開きがおよそ180度であるもの。」とします。

Brooks Brothers English Spread Collar
Miller’s Oath English Spread Collar

カッタウェイカラーとの違い

イングリッシュ・スプレッドカラーは、カッタウェイカラー Cutaway collar と混同されることもありますが、互いに異なる襟型です。

イングリッシュ・スプレッドカラーは、シャツを平置きしたとき、真上から見ると、襟の開きがおよそ180度であり、着用して正面から見ると、120度前後の開きに見えます。

一方、カッタウェイカラーは、シャツを平置きしたとき、真上から見ると、襟の開きが180度以上であり、着用して正面から見ると、180度前後の開きに見えます。

イングリッシュ・スプレッドカラーの平置き(伊勢丹より)
イングリッシュ・スプレッドカラーを着用。(伊勢丹より)
カッタウェイカラーの平置き(THE NINES PARISより)
カッタウェイカラーを着用。(THE NINES PARISより)

「平置きのディスプレイを見て、シャツをオーダーし、着用するとイメージが違った」と言う人がたまにいますが、平置き時と着用時では襟の角度は異なって見えます。

イングリッシュ・スプレッドカラーは英国を代表する襟型

イングリッシュ・スプレッドカラーは、英国を代表する襟型であり、ウィンザー公やチャールズ皇太子等に、好んで着用されてきました。

ウィンザー公
シャツを平置きにして真上から見たときと同じような
角度で写真におさまっているウィンザー公。
襟の角度がおよそ180度であることがよく分かる。
チャールズ皇太子

着用シーン

イングリッシュ・スプレッドカラーは、ビジネスシーンに適切なドレッシーな襟型です。
また、タキシード(ブラックタイ)にも着用可能で、ノーネクタイでも着用可能です。
すなわち、燕尾服(ホワイトタイ)以外であれば、構いません。

Charles, Prince of Wales, black tie
スモーキングにイングリッシュ・スプレッドカラーを
合わせたチャールズ皇太子
Charles, Prince of Wales, chickens
イングリッシュ・スプレッドカラーを着用した
スポーティなスタイルのチャールズ皇太子

イングリッシュ・スプレッドカラーが似合う人

イングリッシュ・スプレッドカラーは、ホワイトタイを除き着用することができる襟型ですが、顔の輪郭との相性があります。
大きく開いた襟が顔の幅を広げる効果があり、特に面長の顔には似合います。

おわりに

イングリッシュ・スプレッドカラーは、英国を代表するエレガントな襟型です。
さらに、ブラックタイから、ノータイまで対応できる万能な襟型であり、丸顔以外であれば、この襟型を選べば間違いありません。

日本語のサイトで、「襟の開きが大きいシャツには大きなノットが相応しい」と述べられることがたまにありますが、チャールズ皇太子の写真を見ての通り、襟の開きとノットに関係はありません。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる