シャツとジャケットの袖丈の適切な長さ

目次

シャツとジャケットの袖丈

皆さんはシャツやジャケットの袖丈をどのように決めていますか。
お店で購入する際、店員さんから「シャツがジャケットから少し覗くとよいバランスです。」と聞いたことはないでしょうか。
しかし、何を基準にそれぞれ袖丈を決めればよいのでしょうか。
今回はシャツとジャケットの袖丈の適切な長さを解説したいと思います。

シャツの袖丈の適切な長さ

布帛で伸縮性のないシャツを着用しながら、スムーズに腕を動かすには、腕よりシャツが長い必要があります。
カフスが親指の付け根に達する長さが1つの目安になります。
最低でも親指の付け根と手首の骨が出っ張ったところの真ん中に達する長さがあるとよいと思います。

ただし、アームホール(袖と身頃が縫い合わされている部分)が大きいと、腕を動かしたときに袖が引っ張られ、シャツの袖がジャケットの袖口から覗きにくいことがあります。

既製品のシャツを購入する場合、「カフスが親指の付け根に達する長さ」とすることをおすすめいたします。

カフスの位置

ボタンを留め、自然に腕を下した状態で、手首の骨が出っ張ったところをちょうど覆うようにカフスがとどまるようにします。
手首の骨が出っ張ったところから親指の付け根までの生地の余りは腕を動かすときに必要なゆとりとなります。





















適切な位置にカフスをとどめるには、カフスの大きさが重要です。
カフスが緩すぎるとカフスがずり落ちてしまったり、カフスがきつ過ぎるとボタンに余計な負担が掛かったりカフスに皺が寄ったりしてしまいます。
カフスのボタンを留めたとき、カフスに無理なく指一本が入る大きさが適正です。
これはシャツの首回りのサイズ感に似ています。

カフスに無理なく指一本が入る。

ジャケットの袖丈の適切な長さ

ジャケットの袖丈はシャツの袖丈よりも短くなるようにします。
それによって、ジャケットに直接肌が触れず、皮脂汚れから守ることや、ジャケットの袖口の擦り切れを防止することができます。
自然に腕を下ろし、手首を外側におよそ90度に曲げたときに、手の甲にスーツの袖が触れるか触れないかが1つの目安です。


「自然に腕を下したときに、ジャケットの袖からシャツが○cm覗くバランスが正しい。」と言われることがありますが、これは結果として起こることです。
ジャケットからシャツが覗く長さに決まりはありません。

カフスは4,5cmほど覗いている。
Chris Jackson/Getty Images
https://www.vogue.co.jp/celebrity/article/prince-charles-coronavirus-video-message

以上、シャツとジャケットの袖丈の適切な長さの解説でした。
お読みいただきありがとうございました。
ご感想、ご質問がございましたら、どうぞお気軽にコメントください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる