靴と服装の正しい組み合わせ③ウィングチップ・ノルウィージャン(Uチップ)編

⑫ウィングチップ Wing-tip Oxford, Wing-tip Derby

https://www.mens-ex.jp/shoes/malvern

ウィングチップは、上の写真のような一般的なウィングチップの他、ロングウィングブローグ(ウィングがかかとまで伸びているもの)、ブラインドブローグ(ウィングチップの仕様からメダリオンを省いたもの)、オースティリティブローグ Austerity Brogue(ウィングチップの仕様からメダリオンとパーフォレーションを省いたもの)と分類することができます。
日本においては、オースティリティブローグのことをブラインドブローグと呼ぶことがあるため、注意が必要です。

ロングウィングブローグ
https://www.lakotahouse.com/journal/
2018/11/alden-n7507-scotch-grain-calf-long-wing-tip.html
ブラインドブローグ
https://www.medallionshoes.com/product/vass-blind-brogue-oxford-hungary/
オースティリティブローグ
https://tradingpost.jp/nagoya/40063/

穴飾りは元々は水を逃すための穴であり、小川を渡ったり、湿地帯を横断したりするときに用いたスコットランドの靴にルーツがあると言われています。

外羽根になると、よりカントリー色が強くなります。

https://www.mens-ex.jp/shoes/590


日本では、ウィングチップを冬物と誤って認識されていることがあります。
反対に、白のレザー、白のレザーとコンビ、スエード等起毛素材のウィングチップは伝統的に夏場に着用されてきました。

〈デザインとレザーの組み合わせの代表例とそれに適した場面、服装〉

黒スムース茶スムース起毛
Evening Dress××××
Morning Dress ××××
Business Formal× *1× *1××
Suit(SS/AW)× *2/○○/× *3
JT(SS/AW)× *2/○○/× *3*4
ウィングチップ
*1 オースティリティブローグの場合、例外的に○。
*2 黒は重たい(重厚な)印象を与え、夏場には基本的に着用しない。
*3 白または白のコンビ靴は、温暖な気候やスポーツと関連付けられ、冬場には基本的に着用しない。
*4 秋冬であっても、ホワイトトラウザースといったスポーツウェアと組み合わせることは可能。

Business Formal: ネイビー・ミディアムグレー・チャコールグレーで、
無地やシャドーストライプ、ピンストライプ、ペンシルストライプ等柄が控えめな梳毛スーツ

Suit:Business Formal に該当しないスーツ全般。
SSは、主に、シアサッカー、サンクロス等の生地や、リネン、コットン等の素材を使った温暖な気候に合ったスポーティーなスーツ。
AWは、主に、フランネル、ツイード、コーデュロイ等の生地を使った寒冷な気候に合ったカントリーなスーツ。
グレンチェックのサキソニースーツに、
黒のスムースレザーの内羽根ウィングチップを
合わせている。(1935.3 esquire)
明るめのグレーのスーツに、
茶のスムースレザーの内羽根ウィングチップを
合わせている。(1934.4 esquire)
グレー地にチェックの梳毛スーツに、
茶のスムースレザーの内羽根フルブローグを
合わせている(左の紳士)。(1940.11 esquire)
チェビオットスーツに、
茶のスムースレザーの
内羽根ウィングチップを
合わせている(右の紳士)。
ちなみに、左の紳士はゴム製の
内羽根ウィングチップを履いている。
(1940.11 esquire)
シェットランドスーツに、
茶のスムースレザーの内羽根ロングウィングチップを
合わせている(左の紳士)。(1939.10 esquire)
メダリオンのある内羽根ウィングチップは、
スポーティーなスーツに最適。
ヘリンボーン柄のツイードスーツに、
茶のスムースレザーのウィングチップ(中央の紳士)。
(1934.1 esquire)
シェトランドツイードジャケット、
グレーフランネルトラウザースに、
茶のスムースレザーの内羽根ウィングチップを
合わせている(右の紳士)。(1939.9 esquire)
スポーティーなジャケット&トラウザーススタイルにも
よく合う。
グレーフランネルに、茶のスムースレザーの
内羽根ウィングチップを
合わせている(左の紳士)。(1935.9 esquire)
ゴルフシューズのデザインに採用されることも
(右の紳士)。(1936.9 esquire)
ゴルフシューズのデザインに採用されることも。
(1935.2 esquire)
黒とグレーのダイアゴナルサキソニースーツに、
茶のスムースレザーの内羽根オースティリティブローグを
合わせている(右の紳士)。(1934.4 esquire)
装飾のないオースティリティブローグであれば、
ビジネスフォーマルであっても合わせられることが分かる。
ストライプの梳毛スーツに、
茶のスムースレザーの
内羽根オースティリティブローグを
合わせている。(1940.9 esquire)
ミディアムグレー地に、
青とグレーのストライプのスーツに、
茶のスムースレザーの
内羽根オースティリティブローグを
合わせている。(1940.7 esquire)
緑がかったフランネルスーツに、
茶のスムースレザーの内羽根オースティリティブローグを
合わせている。(1934.8 esquire)
茶のスムースレザーのウィングチップ
ヘリンボーン柄のシェットランドスーツに、
茶のスムースレザーの内羽根オースティリティブローグを
合わせている(左の紳士)。(1938.10 esquire)
ヘリンボーン柄のチェビオットスーツに、
黒のスムースレザーの内羽根オースティリティブローグを
合わせている(右の紳士)。(1935.3 esquire)
オースティリティブローグであっても、
ウィングチップという意匠があくまでスポーティーなものと
いう位置づけであることが分かる。
グレー地にチェックのチェビオットスーツに、
黒のスムースレザーの内羽根オースティリティブローグを
合わせている(左の紳士)。(1934.3 esquire)
黒のスムースレザーの内羽根オースティリティブローグ
を合わせている。
内羽根オースティリティブローグに合わせる服装は、
スーツでなくても構わない。
右の紳士:白のレザーのウィングチップ
白のスーツに、白と茶の内羽根ウィングチップを
合わせている。(1941.8 esquire)
青みがかったグリーンのスーツに、
外羽根ウィングチップを合わせている。(1940.6 esquire)
バルマカーンコート、ニットベストに、
茶のスムースレザーの
外羽根オースティリティブローグを
合わせている。(1934.4 esquire)
メダリオンやブローグの有無に
関わらず、外羽根ウィングチップは
スポーティーなスタイルに
最適。


〈主な既成靴〉
Edward Green MALVERN, Church’s CHETWYND

⑬ノルウィージャン Norwegian

https://www.mens-ex.jp/shoes/598

ノルウェーの漁師が閑散期に作っていた靴にルーツがあるとして、ノルウィージャン The Norwegian と呼ばれています。
日本では、Uチップと呼ばれることが多いシューズですが、海外では、Uチップというのは次のような靴を指します。

1952.3 esquire

ノルウィージャンというと、U字の縫い目とトーにある縦の縫い目が特徴的です。
ここでは、J.M. WESTON Golf のようなトーに縫い目のない靴もノルウィージャンに含めます。

ノルウィージャンは、狩猟やゴルフに用いられてきたカントリーシューズです。
ビジネスフォーマルに着用しているのを時々見かけますが、カントリーシューズであることから、適していません。

〈デザインとレザーの組み合わせの代表例とそれに適した場面、服装〉

黒スムース茶スムース起毛
Evening Dress××××
Morning Dress ××××
Business Formal××××
Suit(SS/AW)× *1/○○/× *2
JT(SS/AW)× *1/○○/× *2*3
ノルウィージャン

*1 黒は重たい(重厚な)印象を与え、夏場には基本的に着用しない。
*2 白または白のコンビ靴は、温暖な気候やスポーツと関連付けられ、冬場には基本的に着用しない。
*3 秋冬であっても、ホワイトトラウザースといったスポーツウェアと組み合わせることは可能。

Business Formal: ネイビー・ミディアムグレー・チャコールグレーで、
無地やシャドーストライプ、ピンストライプ、ペンシルストライプ等柄が控えめな梳毛スーツ

Suit:Business Formal に該当しないスーツ全般。
SSは、主に、シアサッカー、サンクロス等の生地や、リネン、コットン等の素材を使った温暖な気候に合ったスポーティーなスーツ。
AWは、主に、フランネル、ツイード、コーデュロイ等の生地を使った寒冷な気候に合ったカントリーなスーツ。
ミディアムグレーのピンチェックのツイードスーツに、
ノルウィージャンを合わせている(右の紳士)。
(1938.11 esquire)
茶のスーツに、黒のスムースレザーの
ノルウィージャンを合わせている(中央の紳士)。
(1937.10 esquire)
チェックのチェビオットスーツに、
黒のスムースレザーのノルウィージャンを
合わせている(中央の紳士)。(1937.9 esquire)
ニッカーブリーチスーツに、
黒のスムースレザーの
ノルウィージャンを合わせている。
(1939.4 esquire)
ツイードジャケット、コットントラウザースに、
黒のスムースレザーのノルウィージャンを
合わせている。(1938.3 esquire)
黒のスムースレザーもスポーティーな
ジャケット&トラウザースと相性がいい。
チョークストライプのフランネルスーツに、
茶のスムースレザーのノルウィージャンを合わせている
(左の紳士)。(1937.9 esquire)
チェビオットスーツに、
茶のスムースレザーの
ノルウィージャンを合わせている
(左の紳士)。
(1936.10 esquire)
チェックのシェットランドスーツに、
茶のスムースレザーのノルウィージャンを
合わせている(中央の紳士)。(1934.3 esquire)
サンクロスのギャバジンスーツに、
茶のスムースレザーのノルウィージャンを
合わせている(右の紳士)。
(1937.5 esquire)
ギャバジンスーツに、
茶のスムースレザーの
ノルウィージャンを合わせている
(右の紳士)。(1940.5 esquire)
ツイードジャケット、グレートラウザースに、
茶のスムースレザーのノルウィージャンを合わせている
(奥の紳士)。(1938.5 esquie)
シェットランドジャケット、
グレーフランネルトラウザースに、
茶のスムースレザーのノルウィージャンを
合わせている(左の紳士)。
(1941.3 esquire)
ツイードのジャケット・ニッカーボッカーズに、
茶のスムースレザーのノルウィージャンを合わせている。
(1934.8 esquire)
アルパカのカーディガン、
チョークストライプのグレーフランネルトラウザースに、
茶のスムースレザーのノルウィージャンを
合わせている(右の紳士)。(1937.5 esquire)
トロピカル梳毛スーツに、
白と茶のノルウィージャンを
合わせている(右の紳士)。
(1936.7 esquire)
ネイビーブレザー、グレーフランネルトラウザースに、
白と茶のノルウィージャンを合わせている(右の紳士)。
(1937.6 esquire)

〈主な既成靴〉
Edward Green DOVER, J.M. Weston The Golf derby 641, The half-hunt derby 598

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる