靴と服装の正しい組み合わせ①フォーマルシューズ・内羽根式編

目次

はじめに

靴を履くときに、その靴が服装に合っているかどうか、考えたことはありますか。
「ビジネスではとりあえず黒い靴を履いておけばいい」と、カントリーシューズやローファー等を履いているビジネスマンをよく見かけます。

靴は、デザインや色、革の種類によってフォーマル度合いに違いがあります。
今回は、靴と服装の正しい組み合わせを解説したいと思います。
雑誌やピッティウォモ PITTI UOMO (イタリアで催される展示会)では、この記事で解説する靴と服装の組み合わせとは異なった装いがされていることもあると思います。
服を大量に売るためには真新しい装いを紹介したり、トレンドを作ったりする必要があるからです。

①フォーマルシューズ・内羽根式編
②外羽根式・モンクストラップ編
③ウィングチップ・ノルウィージャン編
④ローファー編
⑤まとめ編

の5回に分けて、伝統的かつ保守的な基準で、靴と服装の正しい組み合わせを解説します。



〈フォーマル度合い〉
靴のデザインをフォーマル度合いが高い順に並べて解説します。
色によってフォーマル度合いは大きく変わってきますので、ここでは、黒のスムースレザー製とします。
下に行くほどスポーティーになっていきます。

1.フォーマルウェアに用いる靴
2.内羽根式の靴(セミブローグまで)
3.外羽根式の靴(セミブローグまで)
4.モンクストラップ
5.ウィングチップ
6.ノルウィージャン
7.ローファー

内羽根式と外羽根式といった用語については次の記事で解説しています。

細かい説明を飛ばして、靴と服装が合うか合わないかが知りたい方は、「靴と服装の正しい組み合わせ⑤まとめ編」を確認してください。

①オペラパンプス Opera Pumps

https://www.mens-ex.jp/shoes/pump

オペラパンプスは、黒のパテントレザー(コーティングされたレザー)にシルク等でできたリボンをあしらったパンプスです。
パテントレザーを用いるのは、女性とダンスをした際にドレスを靴墨(乳化性クリーム、油性クリーム、油性ワックス等色のついた革靴に塗るクリーム状のもの)で汚さないようにするためと言われています。

オペラパンプスは宮廷服 court dress の名残であり、19世紀前半にはパテントレザーのオペラパンプスが履かれていました。

John Peacock, MEN’S FASHION THE COMPLETE BOOK,
New York: Thames and Hudson Inc., 1996, p.42.

〈デザインとレザーの組み合わせの代表例とそれに適した場面、服装〉
オペラパンプスは礼装用の靴であり、formal wear (white tie, black tie)以外の服装には適していません。

中央の紳士はホワイトタイにオペラパンプス
一番左の紳士は夏場のディナージャケットに
オペラパンプス(1936.8 esquire)

〈主な既成靴〉
Crockett & Jones PUMP

②内羽根プレーントー Oxford

https://www.mens-ex.jp/shoes/cheam

メンズドレススタイルにある程度関心がある人であれば、ホワイトタイ、ブラックタイの靴と認識しているのではないでしょうか。
詳しく解説すると、黒のパテントレザーを使ったものはホワイトタイ、ブラックタイに適していますが、ホワイトバックス等白のレザーであれば礼装には向かず、スポーティーなスーツやスポーツジャケット&トラウザースに適した靴となります。
つまり、黒のパテントレザーがEvening wear (夜間の礼装)と関連付けられており、内羽根プレーントー自体に昼夜の別はありません。
内羽根プレーントーがMorning Dress (昼間の礼装)に向かないという認識は誤りです。

〈デザインとレザーの組み合わせの代表例とそれに適した場面、服装〉

黒パテント黒スムース起毛
Evening Dress ×××
Morning Dress ×××
Business Formal××××
Suit(SS/AW) ××○/× *1
JT(SS/AW)××○/× *1*2
内羽根プレーントー

*1 白または白のコンビ靴は、温暖な気候やスポーツと関連付けられ、冬場には基本的に着用しない。
*2 秋冬であっても、ホワイトトラウザースといったスポーツウェアと組み合わせることは可能。

Business Formal: ネイビー・ミディアムグレー・チャコールグレーで、
無地やシャドーストライプ、ピンストライプ、ペンシルストライプ等柄が控えめな梳毛スーツ

Suit:Business Formal に該当しないスーツ全般。
SSは、主に、シアサッカー、サンクロス等の生地や、リネン、コットン等の素材を使った温暖な気候に合ったスポーティーなスーツ。
AWは、主に、フランネル、ツイード、コーデュロイ等の生地を使った寒冷な気候に合ったカントリーなスーツ。

JT:上下が共地でない、いわゆるジャケット&トラウザーススタイル
右の紳士はホワイトタイに内羽根プレーントー
左の紳士はブラックタイに内羽根プレーントー
二人ともモーニングドレスに、
ブラックカーフ内羽根プレーントー
(1938.6 esquire)
リネン、シルク混紡のスーツに、
リバースカーフの内羽根プレーントーを
合わせている(左の紳士)。(1937.8 esquire)
シェットランドジャケット、グレーフランネルトラウザース
に、バックスキンの内羽根プレーントーを
合わせている。(左の紳士)(1934.2 esquire)
ホワイトバックスとギャバジンスーツの組合せ
(左の紳士)。夏場のスポーティーなスーツとの
相性が良い。(1935.6 esquire)
ブレザー、ホワイトフランネル、ホワイトバックス
という美しい組合せ(左の紳士)。(1939.6 esquire)
ホワイトフランネルとホワイトバックス(右の紳士)。
夏場のジャケット&トラウザースには
ぴったり。(1937.6 esquire)
ホワイトバックスキンシューズ、シェットランドジャケット
(左の紳士)。(1937.8 esquire)
もちろん、ホワイトフランネル以外に合わせてもよい。

〈主な既成靴〉
Edward Green CARNEGIE, Crockett & Jones CHEAM

③ホールカット Wholecut Oxford

https://www.mens-ex.jp/shoes/hanover

ホールカットとは、一枚の革で仕立てられた靴です。ここでは、穴飾りのないものと定義します。
ホールカットは内羽根式に分類され、その装飾の少なさから、基本的に内羽根プレーントーとフォーマル度合いは変わりません。
デザインとレザーの組み合わせの代表例とそれに適した場面、服装は内羽根キャップトーと同様です。

2012年公開の映画 007 Skyfall にて主人公ジェームズ・ボンドがブラックタイに黒のホールカットを合わせていたのが記憶に新しいです。
伝統的にはブラックタイにはオペラパンプスやパテントレザーの内羽根プレーントーですが、それらに次いでフォーマル度合いが高いことを示しています。

日本語で書かれたサイトには、ホールカットはフォーマルにもカジュアルにも合う汎用性の高い靴と紹介されていることがありますが、特に黒のホールカットをジーンズに合わせることには違和感があります。
「なんにでも合います」「なんにでも合わせることができます」といった販売員のセールストークに騙されないでください。
フォーマルウェアが昼と夜で厳格に分かれているように、時と所と場合に応じて服装を選択してください。

〈主な既成靴〉
Crockett & Jones ALEX

④内羽根キャップトー(ストレートチップ) Cap Toe Oxford

Edward Green GLADSTONE


内羽根キャップトーは内羽根ストレートチップとも呼ばれ、特に黒のスムースレザーのものはビジネスシーンにおける定番の一足です。

日本においてはスエード等起毛素材の靴は、夏場には合わないものと誤解されることがあります。
下のイラストのように、スエード等起毛素材の紐靴は、一年中、履くことができます。

Unlike the Duke of Windsor, suede shoes were considered proper only for country attire. Once he took them to town, however, men immediately recognized the kind of soft elegance a suede shoe could offer in juxtaposition with the severe worsted suit. It remains the most elegant accompaniment to the business suit. The suede tie-up – either a wing-tip or cap-toe – offers practically limitless versatility, for it is a proper complement to as wide a range of wear as that encompassed by a seersucker suit to a sharkskin worsted, in any color from gray to green, in any season. Needless to say, it is probably not the shoe to wear in a stuffy bank atmosphere, or in a drenching spring downpour. But with these exceptions, there is probably no other shoe that can play so many roles in a man’s wardrobe.
ウィンザー公以前には、スエード靴はカントリーウエアにだけ合うものとされてきた。しかし、彼が街着として履くと、人々は厚めのウーステッドスーツにスエード靴が与える柔らかなエレガンスを認識した。今でもビジネススーツには欠かせないエレガントな靴だ。スエードの紐靴は、ウィングチップでもキャップトーでも、無限の可能性を秘めている。シアーサッカースーツからシャークスキンのウーステッドまで、色もグレーからグリーンまで、季節を問わず、さまざまな服装にふさわしい。言うまでもなく、銀行のような堅苦しい雰囲気の中や、春の豪雨の中で履く靴ではない。しかし、これらの例外を除けば、男性のワードローブの中でこれほど多くの役割を果たせる靴は他にはないだろう。

※ウィンザー公:1894年生-1972年没、元英国王で稀代のウェルドレッサー。

Alan Flusser, Clothes and the Man, New York: Villard Books, 1985

1935年春には、それまで流行の先端を行く男たちに好まれていた茶色のバックスキンの靴が、ごく大衆的なものになったと伝えられた。この種の靴はもとはカントリー用を志向したものだったけれども、その年の夏には街ではくものと期待されたのだった。ある業界紙の記者は、ファッショナブルな行楽地と関連させてこの靴の人気の上昇を記述しているが、今日この記事を読む人は、大不況のどん底の時期にそれが書かれたとは到底信じられないだろう。
「茶色のバックスキンの靴は、もしそれが1足もなかったらそのワードローブは不完全、とまでいわれるほど英国のみだしなみのよい人たちに受入れられている。昨年の夏、ニューポートの人たちは茶色のバックスキンの靴をはいていたが、メドーブルック(Meadowbrook)とパイピング・ロック(Piping Rock)でも、ポロをやる人たちの間で昨シーズン非常に好まれていて、本当の”会員”といえる人はみな茶色のバックスキンの靴をはいていた。2月にパームビーチからきた報告では、セミノール・クラブ(Seminole Club)とその他のファッショナブルな場所の、最高級のスマートな服装をした男たちは、ゴルフ用だけではなく一般の昼間の装いにも、茶色のバックスキンをはいているとのことであった。エイキン(Aiken)でシーズンを過ごす、いわゆる競馬族と呼ばれる豊かな人たちは2月と3月に、この種の靴への好みを見せていた」(『メンズウエア』誌1932年4月20日号)

O. E. Schoeffler, William Gale 著、高山能一訳(1981)『エスカイア版20世紀メンズ・ファッション百科事典〈日本語版〉』スタイル社、p.301

〈デザインとレザーの組み合わせの代表例とそれに適した場面、服装〉

黒スムース茶スムース起毛
Evening Dress××××
Morning Dress ×××
Business Formal××
Suit(SS/AW)× *1/○○/× *3
JT(SS/AW)× *1*2/× *2 × *2 ○/× *3*4
内羽根キャップトー

*1 黒は重たい(重厚な)印象を与え、夏場には基本的に着用しない。
*2 ネイビーブレザーを使った畏まった服装と組み合わせることは可能。
*3 白または白のコンビ靴は、温暖な気候やスポーツと関連付けられ、冬場には基本的に着用しない。
*4 秋冬であっても、ホワイトトラウザースといったスポーツウェアと組み合わせることは可能。

Business Formal: ネイビー・ミディアムグレー・チャコールグレーで、
無地やシャドーストライプ、ピンストライプ、ペンシルストライプ等柄が控えめな梳毛スーツ

Suit:Business Formal に該当しないスーツ全般。
SSは、主に、シアサッカー、サンクロス等の生地や、リネン、コットン等の素材を使った温暖な気候に合ったスポーティーなスーツ。
AWは、主に、フランネル、ツイード、コーデュロイ等の生地を使った寒冷な気候に合ったカントリーなスーツ。
黒のスムースレザーの内羽根ストレートチップは、
モーニングドレスに適している。
ミディアムグレーのフランネルスーツに、
黒のスムースレザーの内羽根ストレートチップを
合わせている。(1935.8 esquire)
ダークトーンのヘリンボーンスーツに、
黒のスムースレザーの内羽根ストレートチップを
合わせている。 (1933.9 esquire)
ダークトーンのチェックスーツに、
黒のスムースレザーの内羽根ストレートチップを
合わせている。(1933.9 esquire)
黒の内羽根ストレートチップはスポーティーなス―ツとの
相性もいい。
卒業式という畏まった場に、
黒のスムースレザーの内羽根ストレートチップを
着用している。(1937.6 esquire)
同じく卒業式の衣装。(1938.6 esquire)
チェックのジャケット等スポーティーなスタイルには、
黒の内羽根ストレートチップは適していない。
ミディアムグレーの梳毛スーツ。
(1949.2 esquire)
茶の内羽根ストレートチップを
ビジネスフォーマルスタイルに
取り入れるなら、
ダークブラウンがよい。
ブルーグレー地にストライプの梳毛スーツに、
ダークブラウンの内羽根ストレートチップを
合わせている。(1937.5 esquire)
チョークストライプの梳毛スーツに、
茶のスムースレザーの内羽根ストレートチップを
合わせている(左の紳士)。
(1939.5 esquire)
黄褐色のトロピカル梳毛スーツに、
茶のスムースレザーの内羽根ストレートチップを
合わせている(1941.6 esquire)
茶のスムースレザーのストレートチップ
左の紳士:起毛素材、中央の紳士:スムースレザー
ストライプフランネルスーツに、
バックスキンの内羽根ストレートチップ。
(1938.5 esquire)
フランネルといったビジネスフォーマル
でなければ、ビジネスにも十分履くことができる。
グレーフランネルスーツに、
リバースカーフの
内羽根ストレートチップを
合わせている。(1935.9 esquire)
ダークグレーに白のチョークストライプの
フランネルスーツに、
茶のバックスキンの内羽根ストレートチップ。
(1934.7 esquire)
ギャバジンスーツに、
バックスキンの内羽根ストレートチップを
合わせている。(1935.1 esquire)
軽い素材のスーツに白のコンビシューズ。
(1938.6 esquire)
グレーのフランネルスーツに白のコンビシューズ。
(1936.2 esquire)
スポーツウェアにホワイトレザーシューズは
最適(1934.7 esquire)
茶と白のコンビ靴。ブローグシューズによくある、
ピンキングが施されているようにも見える。
(1947.7 esquire)
プレーントーやキャップトー、ウイングチップ等
デザインは違えど、同じ白靴のカテゴリーであり、
基本的に合わせる服装に違いはない。


〈主な既成靴〉
Edward Green CHELSEA, John Lobb CITY Ⅱ

⑤内羽根クォーターブローグ Quarter Brogue Oxford

https://www.mens-ex.jp/shoes/melcombe

トーキャップのみにパーフォレーション(縫い目に沿った穴飾り)があるものをパンチドキャップトーと呼称し、クォーターブローグと分けることもありますが、ここではそれも含めてクォーターブローグと定義します。

基本的にストレートチップとフォーマル度合いはほとんど変わりません。
デザインとレザーの組み合わせの代表例とそれに適した場面、服装は内羽根キャップトーと同様です。
日本語のサイトでは、パーフォレーションがある靴はモーニングドレスに適していないと解説していることもありますが、下のイラストのように、十分適しています。

O. E. Schoeffler, William Gale 著、
高山能一訳(1981)
『エスカイア版20世紀メンズ・ファッション
百科事典〈日本語版〉』スタイル社、p.190


1958年創業、ロンドンに店を構え、ウィンストン・チャーチル元英首相も顧客の1人に名を連ねるジョージクレバリー George Cleverley はモーニングドレスに適した靴について次のように解説しています。

The rules ルール
・There’s only one rule: the shoes must be highly-polished (but not patent) black Oxfords.
 唯一のルールは、よく磨かれた(パテントではない)黒の内羽根式の短靴であること。

Want to change it up? 変えてみたい?
・To add a bit of interest, you could go for an Oxford with a single line of broguing running over the vamp.
 ヴァンプに一列の穴飾りが施された内羽根式の短靴を選ぶと、ちょっとした面白さが加わります。

Tricker’s トリッカーズの靴(下の写真)について
This particular pair offers the opportunity to go as wild as is possible, while staying in the dress code’s perimeter. They are (slightly) idiosyncratic and still cooly traditional.
この特別な一足は、ドレスコードの範囲内でありながら、可能な限りワイルドになることができます。
少し個性的であり、クールでトラディショナルなデザインです。

GQ, “How to get your morning suit right,” 2019.8.21, https://www.gq-magazine.co.uk/article/morning-suit-guide
Tricker’s
https://www.gq-magazine.co.uk/article/morning-suit-guide



〈主な既成靴〉
Edward Green BERKELEY, John Lobb PHILIP Ⅱ

⑥内羽根セミブローグ Semi-Brogue Oxford, Half Brogue Oxford

https://www.mens-ex.jp/shoes/cadogan

セミブローグとは、パーフォレーション(縫い目に沿った穴飾り)に加えて、メダリオン(トーキャップに施された穴飾り)がある靴です。

英国のシューメーカーのジョンロブは、自社が製作したタウン用の靴がオリジナルと主張しています。

A light-weight shoe for smart, but not strictly formal, Town wear. This particular style, which has been copied all over the World, was first created by JOHN LOBB some thirty years ago when shoes first began to take the place of boots. It was designed to meet the demand for a shoe less severe then the plain Oxford yet lighter in style and weight than a fully-brogued shoe.

フォーマルではないが、スマートなタウンウェア用の軽量なシューズ。 世界中でコピーされているこの特別なスタイルは、靴がブーツに取って代わり始めた30年ほど前にJOHN LOBBが初めて生み出したものです。これは、プレーンオックスフォードのような厳しさがなく、フルブローグの靴よりもスタイルと重量が軽い靴を求める声に応えるためにデザインされました。

John Lobb, “Black and White Catalogue”


1928年には、注文靴の型の1つとなっていました。

O. E. Schoeffler, William Gale 著、高山能一訳(1981)
『エスカイア版20世紀メンズ・ファッション百科事典〈日本語版〉』スタイル社、p.300


〈デザインとレザーの組み合わせの代表例とそれに適した場面、服装〉

黒スムース茶スムース起毛
Evening Dress××××
Morning Dress ××××
Business Formal××
Suit(SS/AW)× *1/○○/× *3
JT(SS/AW)× *1*2/× *2× *2○/× *3*4
内羽根セミブローグ

*1 黒は重たい(重厚な)印象を与え、夏場には基本的に着用しない。
*2 ネイビーブレザーを使った畏まった服装と組み合わせることは可能。
*3 白または白のコンビ靴は、温暖な気候やスポーツと関連付けられ、冬場には基本的に着用しない。
*4 秋冬であっても、ホワイトトラウザースといったスポーツウェアと組み合わせることは可能。

Business Formal: ネイビー・ミディアムグレー・チャコールグレーで、
無地やシャドーストライプ、ピンストライプ、ペンシルストライプ等柄が控えめな梳毛スーツ

Suit:Business Formal に該当しないスーツ全般。
SSは、主に、シアサッカー、サンクロス等の生地や、リネン、コットン等の素材を使った温暖な気候に合ったスポーティーなスーツ。
AWは、主に、フランネル、ツイード、コーデュロイ等の生地を使った寒冷な気候に合ったカントリーなスーツ。
ピンヘッド柄の梳毛スーツに、黒のスムースレザーの
内羽根セミブローグを合わせている
(左の紳士)。(1940.4 esquire)
ダイアゴナル梳毛スーツに、
黒のスムースレザーの
内羽根セミブローグを
合わせている。(1940.10 esquire)
黒地に白・赤ストライプの梳毛スーツに、
黒のスムースレザーの内羽根セミブローグを
合わせている。(1940.3 esquire)
黒のスムースレザーの内羽根セミブローグは、
柄の入ったスーツには最適。
ストライプの入ったブルーフランネルのスーツに
黒のスムースレザーの内羽根セミブローグを
合わせている。(左の紳士)(1939.3 esquire)
ツイードスーツに、黒のスムースレザーの
内羽根セミブローグを合わせている。(1940.4 esquire)
黒のスムースレザーの内羽根セミブローグであれば、
素材はツイードであれ、スーツと合わせたい。
ブルーのトロピカル梳毛スーツに、
茶のスムースレザーの内羽根セミブローグを
合わせている。(1941.7 esquire)
濃紺地にストライプの梳毛スーツに、
茶のスムースレザーの内羽根セミブローグを
合わせている。(右の紳士)(1940.10 esquire)
梳毛スーツに茶のスムースレザーの内羽根セミブローグを
合わせている。(1936.3 esquire)
チェックの梳毛スーツに、茶のスムースレザーの
内羽根セミブローグを合わせている。(1941.11 esquire)
ツイードスーツに、茶のスムースレザーの
内羽根セミブローグを合わせている。(1940.5 esquire)
茶と言えど、スムースレザーとなると、スポーティーな
スーツまでに合わせるのが望ましい。
内羽根はスーツに合わせる(内羽根ウィングチップは
ウィングチップのカテゴリのため、例外として)という言葉は
間違っていない。
茶の起毛素材の内羽根セミブローグ
茶のリバースカーフの内羽根セミブローグ。
(1935.8 esquire)

〈主な既成靴〉
Edward Green CADOGAN, ASQUITH, Church’s DIPLOMAT

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる